身近なものでも起こりうる金属アレルギー

おしゃれを楽しんでいる人たちの間で、アクセサリーによる「金属アレルギー」に悩む人が増えてきました。これは、金属の単独犯という訳ではなく、汗などに溶け出た金属イオンと体内たんぱく質の結びつきの結果が、いわゆるアレルギーの原因なのです。この結合物質が異端物と見なされると、体内免疫が過剰に反応します。接触皮膚炎と言って金属と触れている部分が腫れたり、赤くただれる症状が有名です。また、金属イオンが血管を通して全身を巡り、あらゆる箇所に皮膚炎の症状として表れることもあります。こうなると、何が原因なのか困惑してしまうかもしれません。汗をかく季節には金属が溶け出しやすいこと・ピアスは皮膚内部組織を貫通しているので、発症のリスクは高いことも知っておくべきです。アクセサリー以外にも、下着類の金具や洋服の繊維として使われているもの・靴や生活用品のほかに化粧品など、一見分かりにくいものにも金属は含まれています。さらには、歯科金属や医療材料・意外なものでは天然の食材や食品にも金属含有は見られます。これらの全てにアンテナを張ることは困難ですが、発症を防ぐためにも、知って極力避けようという意識は大切です。アレルギー誘引金属は、「ニッケル・クロム・コバルト」が代表的なものと言われています。ピアスで使われるカラーゴールドはニッケルなどとの合金であり、安価ですが長時間使用はお勧めできません。ファーストピアスは医療用製品なら安心ですし、純チタン製も安全度が高くおすすめです。また、金属に関しても食物同様、経年後に特定金属の拒絶反応が出ることがあるので、疑いを持った場合には早めの専門医療機関への受診をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です