アレルゲンを特定する

かゆみや咳・のどの痛み、それはひょっとしたらアレルギーかもしれません。アレルゲンが何かを特定できないうちに皮膚や体に発疹や赤み・かゆみがでてきたりして、花粉症ではないかと考える人も多いのです。しかし、原因がアレルゲンであれば花粉症の治療をしても効果がなく、アレルゲンを特定できなければ効果的な治療をすることもできません。皮膚科の専門医に相談して血液検査をしてもらい、アレルゲンを特定してもらうことが大切です。血液検査ではアレルゲンの代表的なものをチェックすることができるので、陽性反応がでたアレルゲンに対しての治療をスタートすることになります。環境の変化やストレス・免疫力の低下でも似たような症状がおこるので、必ずしもアレルギーが原因だとは言えない場合もあります。アレルゲンが原因でなくても、部屋の換気を頻繁にすること・加湿器などを設置して乾燥を防ぐこと・栄養のあるものを食べてぐっすり眠ることは、とても重要なことです。また、部屋の掃除を念入りに行うことで、ノミやダニ・ペットの毛・ほこりなどを除去することができます。さらに、空気を循環することにもなるので、症状の緩和につながります。アレルゲンは、今までなんともなくても一定以上体内に蓄積されると急性で発症する場合があるので、注意が必要です。また、食物がアレルゲンの場合は、食材の選び方や調理の仕方などにも工夫が必要になります。面倒ですが、無意識でも対応できるようになることが理想で、それを続けることによって生活スタイルの見直しにもつながります。アレルギーについて⇒⇒⇒意外と知らないアレルギーの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です