アレルギーの仕組みと症状や交差性

人間の体には、免疫機能が備わっています。菌やウイルスなどの外敵の侵入を許してしまった際に、それらを排除するような仕組みがあるのです。これらは一度退治した相手を覚えておく機能も持っており、同じ相手の再侵入時には、より速く・より強い退治が出来るようになっています。これらの反応が起こりすぎると、それ自体が無害であっても免疫機能の混乱やその他の原因により、ヒスタミンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる物質が体内で大量に産生されます。そのことにより、痒みや浮腫ひどい時は致死的なショック症状を引き起こしたりしてしまいます。これがアレルギーです。はっきりと原因を突き止めきれることもあれば、そうでない場合もあります。後者の場合は、日常生活を送る上でのわずかな体調不良が引き金となり、症状を引き起こしたりすることもあるようです。そして、免疫機能の記憶とも関連があります。たとえば、ゴム製品の原料として知られるラテックスにアレルギーがあると、その内の大多数がリンゴやキウイなどの植物にも過剰に反応してしまい、同じように発症してしまうことがあるのです。これを交差性と呼び、単純に原因物質だけ避けても、完全に症状を抑えきることができない原因の1つとされています。食品・微生物・ほこりなどの多数の物質がアレルギーの原因、すなわちアレルゲンになりうることがわかっています。多くの人が発症しやすいアレルゲンというのはある程度決まっているので、皮膚科を受診して血液検査をするのがおすすめです。、場合によっては、アレルゲンがはっきりすることもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です